プロフィール

加藤 那美子(塗師)

1981 埼玉県生まれ
2000
埼玉県立伊奈学園総合高校卒業
石川県輪島市に移住
2002
石川県立輪島漆芸技術研修所
特別研修過程専修科卒業
2004 長女誕生
2005 有限会社ぬりもの 工房スタッフ(2009年まで)
2009
埼玉県に帰郷。輪島の漆下地塗り業を続ける傍らオリジナルの器と箸製作開始
2011
平屋を工房にする。いつの間にかオリジナルのみ製作に
2014
髙島屋NIPPONものがたりの漆の「なでしこ職人」に選ばれる
2015
南青山Encounter Madu Aoyama にて初個展

原材料について

漆器作りに使うものは布(麻・木綿)、木、砥の粉(珪藻土)、米糊。そして漆です。

 

漆器の茶色は漆そのものの色です。赤色は漆に弁柄(酸化第2鉄)を混ぜて作ります。黒色を作る時は鉄に触れると黒くなるという漆の性質を利用しています。

 

よくわからないものは使いたくない。単純な素材でつくっています。

お箸は100%日本産漆で、お椀は日本産漆と中国産漆を併用しています。溶剤は使っていません。

 

日本産漆は岩手県浄法寺で採れたものを仕入れています。私が使う国産漆の量は微々たるものですが、日本から漆がなくなってしまわないようにという思いから、なるべく国産漆をメインに使うようにしています。

 

中国産漆は信頼のおける漆屋さんの確かな物を使います。質・使用感共に全く不満なし。おかしな添加物なども入っていません。安定した良質な中国産漆です。

 

もっと漆について

2016年より文化財の修復に日本産漆を使う事が義務付けられ、急激に日本産漆の需要が増えました。このため今後は制作に必要な国産漆を仕入れることができなくなるかもしれません。

 

日本産のみならず中国産の漆もまた入手が難しくなっています。数年前まで日本産の約10分の1の価格だった中国産漆ですが、2016年時点では日本産の4〜3分の1ほど。日本産漆の値段もますます上がってしまうのかなぁ、と心配しています。

 

現在、私が制作するお椀に使用する日本産漆は6割ほどです。お椀に使用する日本産の漆の比率をあげようと努めてきましたが、現状ではままなりません。今後は下地を中国産漆、上塗りは日本産漆と切り替えることも検討しています。

 


木地

工程の多い漆器作りはさまざまな職人と作業を分担して作り上げるという方法で発達してきました。漆器の基となる木地は形や素材ごとに木地師(きじし)と呼ばれる専門の職人さんに注文して作ってもらっています。

輪島の箸屋さんから無塗装の能登ヒバの木地を仕入れています。塗った後にこちらで天(箸の上部のこと)を切って長さを調整します。

 

ちなみに箸の木地は柱にならない建築端材を使うとききます。そう聞くとなんだか余りもののような印象がありますが、実は柱になる木の中心部分は箸にすると反ってしまうので、あえて端の方を使うそうです。

国産のケヤキを椀木地(わんきじ)屋の「挽き物師」と呼ばれる職人さんが一個一個手で刃物をあてて削った物を仕入れています。形はこちらで決めて、立体にする際に、木地師さんの微調整が入ります。

 

その他

たとえば轆轤(ろくろ)で回転させ削るお椀やまる重、お皿などは椀木地屋さんの得意分野ですが、刃物でくり出して削るスプーンやボウルのようなものは「朴木(ほうのき)屋さん」におねがいします。

 

わっぱのお弁当箱を作りたい時は薄い材料を曲げて作る「曲物(まげもの)屋」と呼ばれる職人さんに、「指物(さしもの)屋さん」は板を削り組み合わせたものを作りたいときなどにおねがいする職人さんです。

 

このようにさまざまな職人さんと一緒になってひとつひとつの漆器を作っています。